--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-05

タックルネタ_①


釣行ネタがないのでタックルネタです。

ヒラスズキにおいて僕が1番、使用頻度が高いルアーがR50で
す。

何がいいのか?

僕の中では一番いいと思っている所は浮力です。

12センチクラスで14.5グラムのルアーは他にないのでは?

浮力が高いとフックサイズを上げれて、対大物用にも使えます。しかも
ツーフックなので♯1サイズまであげても泳ぎます。

僕は普段はST46の♯2をつけてます。

食い気があったり、群れにあたったりした時はこれでいけますが、問題は
いると分かっているのに口を使わない時です。

このルアーの本当の凄い所は高浮力をいかして魚を獲る事ができる所だと
僕は思います。

このルアーの高浮力を最大限にいかすにはフックサイズをできるだけ落と
す事です。フックサイズを落とすとルアー本来の浮力に近ずき、動きのレ
スポンスが極端に上がり、超スローリトリーブでもキビキビ泳ぎます。

ヒラスズキにおいては喰いが渋い時、1mの間に何回ローリングする
かがキモだと考えてます。1mの間に5回しかしないものと、
10回するものとでは明らかに喰いがちがいます。サラシが薄くても、超ス
ローリトリーブだと出てきます。

よくサラシが薄いと超ファーストリトリーブのトゥイッチでも釣れる時が
あります。高浮力をいかしたキビキビのレスポンスの速さが超ファースト
リトリーブと同じかなと。しかも超スローリトリーブだと追いつきやす
く、バイトしやすいのでは?

あくまで持論です。

14.5グラムしかないボディーなのでスプリットリングのサイズも使える範
囲内の最小にします。これだけでも変わってきます。

アイの調整も必ずします。左右はもちろん上下も。暴れすぎないよう調整
します。大きすぎず小さすぎず。

二番目にいいとおもう所は飛距離です。

やたら飛びます。新品ならもっと飛びます。ローリングマークが付いつい
ない分、空気抵抗が少ないのでよく飛ぶのかと。

10回に1回バランスよくバシューと飛び、20回にスーパー飛
ぶ時があります。ルアーがスクリューのようにクルクル回りながらブッ飛
んでいきます。

これが決まればかなりキモちいいです。これを意図的に出せるよう、日々
修行です。

釣れても釣れなくてもひとつのルアーをずっと使い続けて出た考えです。
ひとつのルアーを使い続けると色んな事が見えてきます。どんなフィール
ドに行ってもそのルアーを使えばすぐに対応できるとおもいます。

別にここまでしなくても釣れる時は釣れるし、釣る人は釣りますしネ。

それにしても偶然の産物か、よくできたいいルアーだと思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。